有効的なコウモリ駆除の方法|専門業者に依頼して一掃する

男性

意外と凶暴なので注意

アライグマ

アライグマは、本来日本にはいない生き物です。しかし、テレビアニメなどの影響でペットとして飼われることが多くなり、飼えなくなって捨てる人が増えたため、近年野生のアライグマを見かける人が増えてきています。アライグマは特定外来生物に指定されており、現在は基本的に飼育や保管、運搬や放獣は禁止されています。被害の多い自治体では積極的に駆除していることも多いです。そういった自治体では駆除用のワナを無料で貸し出していることもあります。そのため、アライグマの被害があったのならば、まずは自治体がどのような対応をとっているかを調べてみるとよいでしょう。駆除用のワナを貸し出してくれた場合でも、捕獲までには一ヶ月ほどかかることも多いので早めに動くのがおすすめです。

アライグマは、テレビアニメのイメージと違いかなり凶暴であるという特徴があります。そのため、ワナ以外で駆除しようとするのはかなり危険です。ワナをしかけたとしても、アライグマはかなり賢いので、突破されてしまうこともあります。そのような場合は、プロの業者に頼む方が確実でしょう。保護されている動物ではなく、駆除の対象となっていることが多いので、猟の経験があれば個人で捕獲を試みるのもよいかもしれませんが、よく注意する必要があります。ワナを利用する場合、ドッグフードやくだもの、菓子パンなどを利用しておびきよせます。ワナの周囲にもこうしたエサをまいておくのがコツです。一日一回はワナを確認し、捕獲したら殺処分が前提のため保健所に持って行くとよいでしょう。