有効的なコウモリ駆除の方法|専門業者に依頼して一掃する

男性

ハクビシンがもたらす影響

ハクビシン

ハクビシンは、現在繁殖が盛んになりその数を増やしつつある動物です。顔は可愛らしいですが、性格は凶暴で荒く、人間の家に住み着き様々な悪影響をもたらします。被害の一つが、発疹や湿疹です。ハクビシンの体には多くのノミやダニの死骸が付着しており、家の中を走り回ることでそれらがいたるところに分散され、人間に感染し肌の健康状態を阻害してしまう事があります。さらに糞尿などの被害によって家がボロボロに腐敗したりなど、住居全体に悪影響をもたらしてしまうこともあるのです。近年では森や林の減少による自然環境の変化によって、住む場所がなくなってしまったハクビシンが住処を求め市街地へ来て、家に住み着くという被害が増えてきています。人間が巻いた種とは言え、健康被害や大切な家を守るためにも、ハクビシン駆除は欠かせません。

ハクビシン駆除のためには、まずは家から追い出す必要があります。ハクビシンは、ハッカや酢などの匂いが苦手なため、それらの匂いのするものを作って家の中で焚いたりすると、家から逃げ出しやすくなります。そして、ハクビシンの出入り口となっている場所を見つけることで、高い精度でハクビシン駆除を行うことが出来るのです。そのあとは、捕獲器や爆発音などで脅かしてみましょう。ここは危険だ、とハクビシンが判断すると、始末することなく家から逃げ出してくれます。厄介な死骸処理の心配もありません。なるべく生きたまま駆除し、その後再発しないような方法をとるということが大切と言えます。出て行ったあとは、住み着いていた部分を徹底的に除菌しましょう。この作業によって、ハクビシン駆除を綺麗に終えることが出来ます。